仕事のやりがいと生活との位置づけ

様々な業界や職種がある中で仕事にやりがいを持って仕事をしている人はとても少ないというデータがあります。

私は専門の大学を出てから一貫してその専門の仕事をしてきましたが、どうしても仕事がやりがいと感じることが出来ません。生活のために家族にいい生活をさせてあげたいという気持ちが強いです。なぜやりがいを持てないのかと考えますと大きな要素は人間関係だと思います。

例えばやりたいプロジェクトを成功させて会社から評価されるのを楽しみにしていたら、上司がみな仕事の実績や手柄を奪って行ってしまい、また何かクレームがあったとすると部下のせいにしたりと、たとえやりたかった仕事でもモチベーションを下げられることが私は多々ありました。

それでも仕事に対する情熱を失わず仕事を生きがいの様に働ける人を私は尊敬します。ただし、家庭を顧みず長時間労働や休日も出勤している所謂仕事人間は私はなりたくありません。私は生活のためにベストは尽くすけれども、家庭を犠牲にして妻や子供を寂しい思いにさせるようなことは、独身時代にはしませんでした。

当然休日には自分の好きな趣味もやりたいですし、旅行にも行きたいですから。人それぞれ様々な働き方があると思いますが、私は仕事と家庭両方を大切にこれからも仕事をしていきたいと考えています。

業界のさまざまな色と人種のこと

これまでさまざまなお仕事をしてきて、それぞれ各業界の色や人間の種類を見てきました。

その傍らで雇用問題や企業のブラックぶりなどを取り沙汰するニュース報道の影響もあり、今の大学生が働きたくないと、就活をしなくなってきている現状も照らし合わせています。

従業員をいいようにこき使うだけ使うブラック企業の酷な現状報道からは、まだ私の職場なんて上司も先輩も穏やかな方だと思えるような職場が世の中にはたくさんあることを知らされますね。上を見ても下を見てもキリがないのは分かりますが、これでは大学生がそんな組織に属して働く気などなくなるのもある意味自然かと思います。

お話しを戻しますが、業界というものは本当にその業界の「顔」があるものですね。大体、ラフな職場ならそこで働く従業員ご一同様のお人柄もラフで飾らない感じになり、逆にかっちりしている職場ならやはり全体がそれに倣えのように礼儀正しくなるような印象を受けます。

いずれにしても、どこの職場であっても、その場で働いている人たちの顔つきや様子というものは職場の健康バロメーターのひとつになると思います。私自身、健康的な雰囲気の職場で働いたこともあれば、そうではない職場もありました。

そしてそんな私自身も職場の雰囲気の一端を担っているとなると、やっぱり働く上では生計も大切ですが、それと同じかある意味それ以上に自分が自然と笑顔でいられるということが大事かと思います。

人間関係をお互いが築くためには挨拶と笑顔を意識してみよう

仕事をするうえで思う事は年齢に関係なく考え方も人それぞれだと感じます。考え方の方向性や性格で人間関係という言葉が関わってくる中、何を基準にしていけばよいか新入社員は悩みがちですね。

人間関係=職場での土台作りは、まず挨拶と笑顔を身につけるよう心がけると良いと思います。人間関係が整う事で職場の雰囲気も和やかにそして仕事もスムーズに進むと感じています。挨拶がなぜ大切かというと出逢って「私」という自分を認識してもらうため、そして一緒に仕事をしていく仲間ですよと相手に認めてもらうために是非心がけてほしいと思います。

声の色にも気を配り明るい声を出すことにより、自分の印象を伝えることが出来るのでトーンに気を配ってみてくださいね。挨拶をされた相手はその一声であなたという人物を理解してくれますし何よりもお互いが気持ちよいと感じることが出来ますね。

そして笑顔です、どんな表情を見せれるのかは、あなた次第です。口角を上げやさしく微笑む目元を作るように意識してみましょうね!笑顔という微笑む顔は、やはり年代関係なくいい印象を受けるように思います。

この2点は職場だけでなく人間関係を共に築くための近道だと感じます。お互いが気持ちよく過ごすためのルールと心得て是非実践してみてほしいなと感じます。

本当にやりたい仕事

仕事について思うこと本当はわたしは販売の仕事がしたいし、向いていると思います。

実際、昔受けたアパレル業界大手の会社での採用試験の結果が尋常ではなかったらしく、かなりの上役の方に急遽面接され異例の即内定を頂いたほどです。ですが、わたしはその内定を泣く泣く辞退しました。

理由はヘルニアを発症したからです。立ち仕事なので絶対に迷惑をかけると思ったからです。それからわたしはパソコンの勉強をして座って仕事が出来る事務職に転職しました。それから長く事務職に就いています。

今の仕事は好きだし、まあまあ向いているとは思います。業務内容にも待遇にも不満はありません。ただ、心の隅でやっぱりひっかかっています。本当はしたかったことがあること、それに向いていたこと、内定辞退をしたこと・・・。

いつか座って接客ができるアパレル販売が誕生しないかなと思っています。洋服が好きなのでよく買い物に行きますが、店員さんがもし仮に座っていたとしてもわたしは別になんとも思わないけどなぁ・・・と思います。でもそれはわたしだからそう感じるのであって、自分の都合のいいように解釈しているだけかもしれませんが・・・みんながやりたいことができる世の中になれたらこんなに素敵なことはないです。

それはかなり難しいことだけど、いつか実現するといいなぁ。そしたらAIも怖くないと思います。

フリーランスの実態いろいろ

フリーランスという働き方が定着して久しい今日この頃、相変わらず見かけよりもハードな部分が多々ある仕事です。しかしながら、どうも夫にはイマイチこのハードさやフリーランサーとしての実態が分かりづらいんだなということが伝わってきますね。

無理もないとは思います。こちらとしては、クライアント様と合意の上でお仕事をお引き受けしたからには徹夜して目をこすってでも納期には所定のコンテンツを仕上げなければいけない責任があります。家にいるからといって決して楽なお仕事ではありません。

自由もありますがその反面の責任面もすべて一人で背負い、タイムマネジメントもお仕事管理もすべて自分一人でするのです。

私には合っている働き方のようで、大変な中でも報酬を受けたときの喜びややりがいを感じている限り、このフリーランスワークスタイルは続けたいと思っています。かといって夫にもいつもPCと釘付けになってお仕事にかまけてばかりいる姿だけを晒したいわけではありません。

フリーランスのAさんとBさんがいて私もいて、と比較をしたとき、三者ともそれぞれに月収、お仕事の生活の中での位置づけや意味合いなど、答えが一つにまとまらないのが当たり前で総じて答えはこうだと決まっていない世界がフリーランスです。

私も自分なりの答えを導き出し、確立しつつつ、フリーランサーとしてのお仕事は続きます。

仕事は挑戦あるのみ

自分に合った働き方を模索しっつ、不安定性をいかにカバーしながらコンスタントに仕事をするかを日々目標に邁進しています。 こればかりは正解というものがないため、やってみなければ分からない部分が大きいですね。

だからこそ、懲りずに挑戦あるのみで常々チャレンジすることを続けています。 今のところ長らくライター業をしながら、兼業したいけどしたくないというのが本音かもしれません。

その単価の低い現実からほとんどの人が兼業しなければやっていかれない世界であり、ライター一本で生計を立てるということは至難の業であることが現状です。

私自身それでも続けるのは、根本的に書くことが好きなんだと思います笑。
なので、執筆業一本だったらどんなにいいかと、どれほど思ったことか知れません笑。

とはいえライター業は人との接点が少なくなりがちだったり、室内にこもりがちになる側面もあります。

これをカバーするためにも外働きに出ているわけで、外でのお仕事はそれはそれで一種リフレッシュになるものです。いろいろなお仕事の世界を知ることもまたおもしろいですし。

バランスを取りながら最終的にどんな形になるか未明ですが、一度きりの人生であり、長い時間費やすお仕事のことですから楽しみながら私らしく進んでいきたいと思います。